沖縄シーウォーク

夏に行く沖縄青の洞窟

シーズン到来。夏の沖縄青の洞窟

 

夏真っ盛り!シーズンINで沖縄の海を最高に楽しめます。

 

6月の梅雨明けで、沖縄は本格的に夏のシーズンに突入いたします。ここから9月までの3ヶ月は暑い沖縄の夏です!そして青の洞窟も海もとっても穏やかなアクティビティ日和が続きます。

『夏もできるだけ海の混雑は避けたい。』『何時に行くのが青の洞窟は綺麗?』など人が増えてくる夏の青の洞窟では気になる方も多いと思います。

青の洞窟は沖縄でもとっても人気のある観光スポットです。検索しても情報が多いので困っている方も多いのではないでしょうか?

本記事では6月〜9月を「夏に行く青の洞窟ツアー」として青の洞窟を少しでも快適にのんびりと参加する方法を、20年沖縄青の洞窟で活躍しているダイビングインストラクターが、夏の青の洞窟ツアーとして解説させていただきます。

 


沖縄青の洞窟についてはこちらの関連記事で完全解説しています。

関連記事:沖縄本島青の洞窟について完全解説しています。

 

夏に行く沖縄青の洞窟ツアー解説

 

夏時期の青の洞窟を貸し切りで泳いでいる

 

夏以外も青の洞窟ツアーは開催しています。

 

関連記事:春に行く沖縄青の洞窟ツアー解説

 

関連記事:秋に行く沖縄青の洞窟ツアー解説

 

関連記事:冬に行く沖縄青の洞窟ツアー解説


 

夏に行く青の洞窟は参加時間が重要です。

 

人が少ない時間帯を狙って青の洞窟ツアーに参加する事で、青の洞窟をよりゆっくりと楽しめる事は間違いありません。

ハイシーズンでのシュノーケリングやダイビングで青の洞窟に参加するためのコツをお伝えいたします。

夏の青の洞窟では『10時〜12時』「15時〜16時」の間が混雑のピークです。

夏の青の洞窟が混雑する理由

参加時間次第では空いている洞窟にいけます。

 

時間に余裕があれば混雑ピークの時間は避けたほうが良いでしょう。

 

青の洞窟が混雑してしまうのは単純に青の洞窟ツアーがとても人気な事と、青の洞窟内の綺麗なところで撮影をする為です。

混雑ピークのお時間に青の洞窟にいくと、平均して30分から35分ほど青の洞窟内での渋滞となります。

青色に輝いている写真を撮影できる場所が、洞窟入り口付近のみですので、撮影待ちで渋滞が発生します。

できるだけ混雑時間は避けて参加をおすすめいたします。

青の洞窟の混雑を回避する方法

沖縄青の洞窟は混雑時間を回避して参加しよう。

 

早起きできる人は頑張って早朝ツアーに参加してください。

 

混雑を回避する方法はとっても簡単です。先ほどお伝えした混雑ピークのお時間以外に青の洞窟ツアーに参加しましょう。

「7時〜9時」「13時〜14時」が青の洞窟に人が少ない時間です。

人が少ない理由としては、早朝便で早起きが必要になることと、お昼の時間に集合になるのでランチの時間が定まりにくい理由があります。

以上の事から夏の連休などで青の洞窟ツアーを予約する時は、7時便か13時便がおすすめです。

記念撮影もしっかり撮影できるのと、青の洞窟の輝きも広々と体験できます。

7時便は集合時間が6時30分ととても早いですが、夏の時期の青の洞窟は頑張って早起きするだけの価値はあります。

 


関連記事:青の洞窟は早朝が混雑しません。|おすすめの青の洞窟参加時間

夏に青の洞窟へ行ける確率

夏は高確率で青の洞窟にいけます。

 

夏は真栄田岬(青の洞窟)周辺の海はとっても穏やかです。

 

夏場に青の洞窟へ行ける確率は台風の影響がない限り、90%以上の確率でご案内可能となります。

その理由としては夏の気圧配置により、沖縄には南方向からの風が多くなり、北側に面した海岸の真栄田岬はコンディションの良い日が多くなります。

青の洞窟では天候よりも風向きがとても重要です。

 


青の洞窟周辺の海が穏やかな理由は真栄田岬の地形が関係しています。

関連記事:真栄田岬のおかげで青の洞窟は人気観光スポットになりました。

雨でも青の洞窟ツアー開催しています。

雨でも綺麗な青の洞窟

 

天気が悪くても諦めないでください。

 

天気が良くても北よりの風が強いと波が高くなり、青の洞窟は行けなくなりますが、雨が降っていたとしても風向きが良ければ問題なくダイビングにシュノーケリングとご案内可能です。

雨でも曇りでも青の洞窟は綺麗なのでご安心ください。

1年を通して青の洞窟をご案内していますが、夏時期が青の洞窟に行ける確率が1番高いです。

 


青の洞窟が雨でも綺麗な理由はこちらの関連記事で解説しています。

関連記事:雨でも青の洞窟が綺麗な理由

夏の早朝便(7時)と午後便(13時)の青の洞窟色の違い

夏の青の洞窟は特に色が変わります。

 

自然光の角度や潮の満ち引きによって毎日、毎時間、青の洞窟の輝きは変化しています。

 

夏場では日の出時間も朝6時前後ですので、

青の洞窟に到着する朝7時には洞窟内は朝日によって1番明るく青に光り輝いています。(個人的には早朝の満潮時間がおすすめ)

午後便では少しづつ濃い青色へと変化しますが、こちらもとっても綺麗です。

ツアー参加された方の反応では、早朝便のエメラルドグリーンに輝く色が人気です。

夏場では日没も遅いので16時便の青の洞窟でももちろん楽しむことができます。

日程に余裕がないようであれば、沖縄に到着した日の16時便から青の洞窟にいくのも良い選択ではあります。

青の洞窟ダイビングツアーもフライト後は参加できます。

夏の青の洞窟ツアーで観察できる熱帯魚

夏も熱帯魚が多く観察できます。

 

真栄田岬には数多くの熱帯魚が生息し、夏場から冬場まで1年を通して熱帯魚は多いです。

 

青の洞窟では熱帯魚餌付けも体験できるので、季節関係なくいつでも顔の前まで近づいてくる熱帯魚を観察することが出来ます。

ただし夏時期は餌付けをする人も多いので、参加時間が遅くなればなるほど、餌の食いつきは悪くなります。

夏の青の洞窟ツアー水温について

夏は水温が高いので快適です。

 

夏の沖縄の水温は非常に高く、夏時期では28℃前後となります。

 

夕方になったとしても、水温が下がり寒くなってしまう事はありません。

水温の高い夏でも浮力確保とケガ防止の観点から、ウェットスーツを着用してツアーを開催しています。

ウェットスーツは夏では3ミリの薄手タイプとなります。

薄手のウェットスーツでも炎天下だと暑くて、体力の消耗も早くなりますので、こまめに水分補給をするよう心がけて下さい。

夏も変わらずお得な青の洞窟ツアー開催しています。

マリンレジャーハイサイドではお客様により快適に青の洞窟で遊んで頂くために、夏でもツアー価格はそのまま、無料設備と無料特典でお得に快適な青の洞窟ツアーをご案内しています。

1.店舗貸し切りボートで青の洞窟へ

夏はボートで青の洞窟にいくのが快適です。

マリンレジャーハイサイドではボートを毎便チャーターしています。

快適に自分達のペースで青の洞窟ツアーを体験することができます。

関連記事:青の洞窟はボートで行くのが1番快適です。

2.高性能カメラで記念撮影付き

夏も無料特典変わらず青の洞窟ツアー開催

せっかく海で遊ぶのだから写真撮影はすべてインストラクターにお任せください。

高性能カメラでとっておきの水中画像を撮影致します。枚数は無制限ですのでいっぱい撮影させていただきます。

関連記事:青の洞窟カメラ撮影が無料|お得なツアー体験できます。

3.水中画像はまるごとプレゼント

夏も大人気の青の洞窟ツアー

楽しかった海遊び、綺麗な画像はその日のうちにお客様の携帯にまるごとプレゼント致します。

高画質画像と共に沖縄の思い出をお持ち帰りください♪

4.熱帯魚餌付け体験付き

熱帯魚がいっぱいの真栄田岬

真栄田岬には青の洞窟以外にも熱帯魚がいっぱい生息しています!餌付け体験無料ですので海でいっぱい遊ぼう♪

5.必要な設備全て無料完備

夏の青の洞窟ツアー終了後はエアコンが聞いた設備です。

駐車場、更衣室、温水シャワー、パウダールーム(冷房完備)と別途費用が発生しないようハイサイドでは海遊び後に必要な設備をすべて完備しています。

準備をしっかり整えて沖縄旅行の続きをお楽しみください!

関連記事:青の洞窟設備無料|お得なツアー開催しています。

毎年大人気のハイサイドの青の洞窟ツアー

青の洞窟ボート体験ダイビング

夏でもマリンレジャーハイサイドではお客様1組にインストラクター貸切開催です。

ダイビング初心者の方でも泳げなくても、安心安全に参加できます。

関連記事:青の洞窟ダイビング初心者ガイド

青の洞窟は店舗でボート貸切、広々爽快に開催中。

餌付け体験も無料、ツアー終了後の全ての設備も無料です。

EB限定『夏割り』¥7980-(税込み)

青の洞窟ボートシュノーケリング

沖縄といえばやっぱり青の洞窟。

青の洞窟を手軽にシュノーケリングで楽しむことができます。現在もボート代無料キャンペーン中♪

関連記事:青の洞窟シュノーケリング初心者ガイド

階段や行列は全てショートカットで快適に青の洞窟に到着!

4歳から参加OKですので夏休み中の元気なキッズとご家族でご参加ください。

WEB限定『夏割り』¥3500-(税込み)

 

↓タップで青の洞窟ツアー詳細確認↓

沖縄青の洞窟ならマリンレジャーハイサイドにお任せください。


 

沖縄で体験できるマリンスポーツには海のコンディションが大きく影響いたします。

夏は南風の日が多いので、北向きに面した青の洞窟はコンディションの良い日が多くなります。

日の出も早く、日没も遅いので、早朝もしくは夕方でも問題なくご案内可能となっています。

以上の点を踏まえていただければ、ハイシーズンでも混雑は避けれ、素晴らしい青の洞窟を体験できます。

 

↓マリンレジャーハイサイド公式サイト↓

『沖縄 青の洞窟』コースはハイサイドにお任せください。

マリレジャーハイサイドでは青の洞窟以外にも楽しめる沖縄のマリンアクティビティを数多く掲載しています。詳細は公式サイトからご確認お願いいたします。

青の洞窟に近いお店

沖縄ハイサイド アクセスマップ

青の洞窟(真栄田岬)近くにお店があるので、移動時間も少なく快適に青の洞窟を目指せます。そして青の洞窟はボートで開催していますので、初心者の方、泳げない方、お子様も楽々、安心して参加できます。

SNS

  • ハイサイドインスタグラム

海ブログ海ブログ

2020/06/21
ハイサイド営業再開です!
2020/03/29
お久しぶりです!
2019/11/21
青の洞窟と沖縄のサンゴ
2019/11/09
沖縄のお魚紹介
2019/10/29
沖縄の海の秘密

こちらも日々の青の洞窟の出来事や沖縄のグルメなどスタッフの気が向いたときブログが更新されます。青の洞窟コースに参加してブログ掲載OKなお客様毎日募集中。

more

安全対策優良店

高水準の安全ツアー

沖縄公安委員会指定の安全対策、潜水士同行、もしもの為に港にAED常備し、「PADI認定インストラクター」が快適・安全に海をご案内。

  • afety 安全対策優良店
  • AED
  • 国家資格 潜水士所持

各ホテルからの所要時間

恩納村

ベストウェスタン恩納ビーチ
5分
ルネッサンスリゾートオキナワ
6分
カフーリゾートフチャクコンドホテル
15分
シェラトン サンマリーナリゾート
15分
ホテルムーンビーチ
12分
リザンシーパークホテル谷茶ベイ
15分
沖縄かりゆしビーチリゾートオーシャンスパ
35分

読谷村

ロイヤルホテル残波岬
15分
ホテル日航アリビラ
20分

名護市

ザ・ブセナテラス
35分
沖縄マリオットリゾート
40分

北谷 近辺

ザ・ビーチタワー沖縄
35分
ヒルトン沖縄北谷リゾート
35分
ラグナガーデンホテル
40分

那覇市

ロワジールホテル 那覇
(高速道路使用)1時間

ショップ情報

マリンレジャーハイサイド

郵便番号
〒904-0417
住所
沖縄県国頭郡恩納村真栄田677
電話番号
098-989-3687
お問い合わせ
okinawa.hiside@gmail.com
営業時間
3月-10月 6:00~20:00
11月-2月 7:00~18:00

青の洞窟人気記事

沖縄青の洞窟
青の洞窟で泳ぎの練習をしている

青の洞窟お役立ち情報

早朝沖縄青の洞窟
ボートが青の洞窟にむかっている
青の洞窟の持ち物
雨の日の青の洞窟