春時期にいく-沖縄青の洞窟

気温、水温ともにすこしづつ上がり、4月の春時期となりますと半袖での観光も快適になり、日差しの強い沖縄では春を飛び越え初夏の様な気持ちの良い天候が続きます。梅雨はまだまだ先なので、とっても快適な春時期の沖縄旅行は、学生最後のお休みを沖縄に遊びに来る学生の皆様や、春休み中のご家族で沖縄旅行と、沖縄は陸も海も夏前に盛り上がっています!もちろん5月には待望のGWですので、沖縄では4月も海遊びは問題なくダイビングショップで開催されています!

春の沖縄青の洞窟-学生旅行


真栄田岬『青の洞窟』-春の海洋状況

春時期で気温が上がっていても、太陽がでなければ4月中旬までは若干の寒さもあります。海に入るときはもちろんウェットスーツを着用するので、海遊びは問題なくご案内可能ですが、ダイビングでは防寒対策として厚めのウェットスーツを着用していただきます。青の洞窟ダイビング、シュノーケリングに挑戦してみよう!

春の沖縄青の洞窟ダイビング

夏時期では太平洋高気圧に包まれて真栄田岬周辺の海は穏やかですが、それ以外の時期では北風が強い日もあります。北風が強く波が高くなると、青の洞窟にいけなくなります。マリンレジャーハイサイドでは青の洞窟をボート便でご案内していますので、青の洞窟にいける可能性も高くなります。諦めずチャレンジしよう!

沖縄青の洞窟に向けてボート出港。春の風が心地よい


青の洞窟オススメの時間帯

4月~7月初旬は青の洞窟も繁忙期ほど混雑はしないので、どの時間帯でも快適に青の洞窟を体験できます。4月は早朝便も開催していますが、まだ薄暗い時間帯に集合となります。この時期は9時便でもそこまで混雑はしませんので、9時便などもオススメの時間帯でえす。2月からは毎年大人気のハイサイドパラセーリングセットコースが開催されます。

スポットライトのように青の洞窟を照らす光


真栄田岬青の洞窟のお魚-春

年間を通して熱帯魚が多い真栄田岬。水温が低いので熱帯魚はいないのかなと思いきや、すごい数の魚が押し寄せてきます。コース中熱帯魚餌付けも楽しめます。この時期に観察できる魚はグルクマー『サバ』です。顔が銀色にギラギラ光、大きく口を開けて泳ぐ姿は圧巻!ダイビング、シュノーケリングどっちでも観察できます。

春時期も水中はお魚がいっぱい

 


沖縄 月別詳細 (2月~5月)

2月 平均気温18℃ 平均最高気温20℃ 水温20℃~21℃

服装 コート、トレーナー 上着が必要になります。

2月中旬になると沖縄では桜祭りが開催されます。


3月 平均気温20℃ 平均最高気温23℃ 水温20℃~21℃

服装 コート、トレーナー 曇りですと上着が必要になります。

風が北風に回りやすく海の状況が変わりやすくなります。


4月 平均気温21℃ 平均最高気温24℃ 水温21℃~23℃

服装 トレーナー、半そで

気温もあがり4月後半では初夏のような気温になります。


5月 平均気温24℃ 平均最高気温26℃ 水温23℃~24℃

服装 半そで、短パン

露入り湿気の気温も上昇します。


卒業旅行、春休み家族旅行、団体のお客様、マリンレジャーハイサイドでは青の洞窟だけではなく沖縄の海をまるごと楽しめるアクティビティもご用意しています。沖縄の海を楽しむならハイサイド!

ご来店おまちしています。


毎日5組限定セットコースも開催中!!

↓ご予約・詳細確認はこちらをタップ↓

沖縄観光スポット『沖縄 青の洞窟』最新情報

ハイサイド公式WEBサイトへGO→

マリンレジャーハイサイドでは青の洞窟以外にも、沖縄の海をまるごと楽しめるバナナボート、パラセーリングなど豊富なアクティビティをご案内しています。セットコースがお得でオススメです。

ワースタ募集