秋時期いく-沖縄青の洞窟

10月になっても沖縄の平均気温は高く、木枯らしの吹く肌寒さなど、秋の季節を感じることはまったくありません。(紅葉もありません)今回の記事では初秋も過ぎ本土では気温も下がっている10月~11月を『秋に行く青の洞窟』とさせていただきます。

夏が過ぎ、お客様のお問合せでは『海は寒いですか?』との声が多くなります。関東地方では10月の平均気温は15℃前後、そして東北地方では10℃を下回ります。青の洞窟どころか海にはいる事はできるのだろうか?と、思う方も多いのは当然ですね。ですがこちらは『南の島国 沖縄』平均気温は25℃。そして夏に上昇した水温もまだまだ高く、沖縄では食欲の秋でもなく、もちろん読書の秋でもなく、『マリンスポーツの秋』とさせていただきます!ご心配なく青の洞窟コースご参加ください。そして下記にはハイシーズンを過ぎた10月~11月を『秋に行く青の洞窟』お得な情報としてご紹介いたします。


青の洞窟コース-秋時期

ハイシーズン(7月~9月)も過ぎ、徐々に観光客での混雑も少なくなる10月からは、大人気観光スポットの青の洞窟の人も少なくなります。ですので『早起きをして早朝便でしょ!』と、そこまで頑張らなくても大丈夫。もちろん早朝便がご希望のお客様は10月下旬まで早朝便は開催しますので是非ご参加ください。しかし11時便はまだまだ混雑する日もありますので油断は禁物。熱帯魚も多く青の洞窟以外にもお楽しみポイントの多い青の洞窟。秋の青の洞窟ご紹介させていただきます。

関連記事→沖縄本島青の洞窟について


青の洞窟行ける確率-秋時期

太平洋高気圧も徐々に勢力が弱まり、冬の気団が張り出してきます。天気がコロコロと変わりやすく低気圧と高気圧が交互にやってきます。風向きも北よりが多くなるため、北側に面した青の洞窟は波が高くなることも多いです。真栄田岬を管理している事務所ではクローズ(真栄田岬の海にはいる事ができなくなります)が多くなり、開催できる日も夏に比べて少なくなります。青の洞窟はボートでいくと高確率でいけます。ご参加おまちしています。

秋-波のない穏やかな海洋状況でボートが走る


参加時間を選ぶ

秋時期(10月、11月)での青の洞窟では連休、土日を除けば、そこまで混雑が気になることもありません。ですので早朝便に参加しなくとも、9時開催(8時集合)のコース時間で十分楽しむこともできます。ただし11時便などお昼前は平日でも混み合う事もあるので、9時便もしくは、午後の便13時(12時集合)でのご参加をおすすめいたします。また10月の連休中は夏のハイシーズン同様、早朝の便で参加する事がおすすめです。

 


7時便と15時便 青の洞窟の色の違い

太陽光の入射角や潮の干満により青の洞窟の色は常に変化しています。10月の日の出は6時30分前後と、まだまだ早朝の便で参加をしても朝日によって洞窟内は綺麗に輝いています。11月後半では日の出が7時近くなりますので、沖縄ハイサイドでは早朝便は10月中旬までとなっています。まったく人のいない青の洞窟を貸し切りで行ってみたいとゆう方は早朝便でご参加ください。ただし天候が曇りの日は青の洞窟内が薄暗くなってしまうので、天候によっては前日に参加時間の変更の可能性もございます。


真栄田岬青の洞窟-秋時期の水温

平均しても25℃以上と春時期よりも水温は高く、青の洞窟コースでは必ずウェットスーツを着用いたしますのでシュノーケリング、ダイビングではガタガタ震えるほどの寒さなどはありません。そして曇りの日、雨の日が多少続いたとしても、海の水量の前では水温は変わりませんのでご安心ください。本土では気温が下がりますが、沖縄はまだまだマリンスポーツを楽しむことができます。天候なども直前で変わりやすい時期ですが、海のコンデションが良ければ人も少ない青の洞窟でゆっくりとダイビング、シュノーケリングで遊ぶこともできます。


↓ご予約・詳細確認はこちらをタップ↓

沖縄青の洞窟でアクティビティ体験|ハイサイド

ハイサイド公式WEBサイトへGO→

マリレジャーハイサイドでは青の洞窟以外にも楽しめる沖縄のマリンアクティビティを数多く掲載しています。詳細は公式サイトからご確認お願いいたします。

ワースタ募集