インフォメーションINFOMATION

Info2018/04/30

青の洞窟ダイビングをもっと楽しむためには

はいさ~い!!

マリンレジャーハイサイドです☆

本日のお題は初めてのダイビングの方へ『青の洞窟体験ダイビングがもっと楽しめる』をテーマにハイサイド横川が色々とお伝えしていきたいと思います~!

ダイビングしてみたいけど勇気がでない、泳げないのにダイビングってできるの?、シュノーケリングとダイビングの違いなど色々と簡単にご説明いたします~!少しでも背中を押せるように頑張りますのでご覧ください~(‘◇’)ゞ

青の洞窟ダイビングをもっと楽しむ

 


1.これが1番大事!前日の睡眠zzz

睡眠をとることが大切です

ついつい夜更かしをしてしまう沖縄旅行。気持ちはとっても良く分かりますが、睡眠不足は不安要素の一つ。余計にドキドキしたりボーっとしてしまいます。とはいってもうまく寝れない時なんてものありますが、布団にはいって横になってる時間があってリラックスしているだけでも全然違います~。

2.非日常世界それがダイビング

普段体験できない世界がダイビング

子供のころはプールで潜って遊んで、息を止めて素潜り。水中で苦しくならなかったらいいのになぁなんて皆子供のころは純粋に思っていたはず。ダイビングではその世界が実現できます。絶対に人が長時間いられない水中世界にのんびり1時間なんて当たり前。聞こえるのは呼吸の音と泡の音がたまらない。この世界にいられるのがとっても幸せです。色とりどりのお魚やサンゴもとっても綺麗ですが、水中世界とゆう非日常が1番の感動ポイントです。

3.泳げないし初めてだし、上手にできるのかな

ダイビングは泳げなくても大丈夫

初めての方で上手なほうが稀なんです。最初から上手に潜る事なんて考えないで大丈夫です♪ダイビングが初めての方で上手に潜れない方をサポートするのは僕たちインストラクターのお仕事であり腕の見せ所でございます。ゆっくり呼吸をしてちょっとしたトラブルなんてつきものなので、あせらずゆっくり泳ぎましょう。全てダイビングインストラクターにお任せ下さい。

4.なんでも聞いてください。

ダイビングの質問何でもOK

少しでも落ち着く支えになるようにインストラクターはダイビングの前に色々とお話しをします。もちろん自分からダイビング以外の事でも世間話でもなんでもお気軽に話しかけてください。こんな事を聞いていいのかと遠慮せず何でも聞いて下さい。ダイビングが初めてだから分からないのは当然ですので、変な質問なんて一切ありませんよー。

5.海でもしっかりダイビングのサポートします

ダイビングはインストラクターと泳ぎます

いよいよダイビングの時間です。海の底までまるみえの水中世界は深く感じて不安になるかと思います。ですが安心してください。いきなり沈んだり、インストラクターがいなくなったりは絶対にありません。インストラクターは手をとって一緒におよいだり支えたりします。いきなり深くいったりせず1番浅いところからスタートします。

6.まわりを見てみよう

サンゴ礁にお魚がいっぱい

少し呼吸や水中世界になれてきたら、集中していた呼吸や耳抜きは一旦置いといて、まわりを見てみましょう。綺麗なお魚がいっぱいで非日常が広がっています。楽しむことこれこそがダイビングで最も大切な事です。楽しめるようにインストラクターはあの手この手で攻めていきますよ~。

7.リアクションは大きめに

ダイビングは自由にポーズとれます

綺麗な物が見れたとき、感動したときは体全体で表現しよう!ガッツポーズや拍手なんでもありです。こんな方がいるとインストラクターや一緒に潜っている人もみんな楽しく水中世界がより素晴らしくなります。

8.船酔いが心配であれば酔い止めを服用

酔い止めのんですっきりダイビング

青の洞窟までは約5分ほどなので、船酔いに極度に弱くなければ問題はないですが、少しでも不安がある場合は酔い止めを服用しましょう。睡眠不足同様、体調不良はダイビングではもっとも大敵です。

9.トイレが心配

トイレは海にジャンプしよう

店舗出発前には必ずトイレを済ませておきましょう。泳いでいる最中にソワソワはもったないですよ。ただしどうしても水中でトイレが我慢できない場合は小であればウエットスーツを着たまましましょう。レンタルスーツの場合はさすがにできないと思いますので、船にあがってからスーツを脱いで海の中です。

最後になりましたが、シュノーケリングとダイビングどっちか迷っている方へ

シュノーケリングは水面を泳いでダイビングは水中に潜ります。もちろんシュノーケリングもとっても楽しいのでオススメではありますが、迷っているのであればこの記事を読んで是非ダイビングにご参加いただければ嬉しいです。ただしお帰りの日の飛行機搭乗予定の場合はダイビングコースに参加できませんので、シュノーケリングにしましょう。


体験ダイビングはだれでも参加ができますので、気楽な気持ちで参加してください。ガチガチ緊張する気持ちもわかります。せっかくの沖縄旅行なので誰よりも楽しむ気持ちを忘れずに。お待ちしております!!

ワースタ募集