沖縄青の洞窟で体験ダイビング、パラセーリング、シュノーケル(シュノーケリング)、ならハイサイド

沖縄青の洞窟で体験ダイビング、パラセーリング、シュノーケルならハイサイド沖縄青の洞窟で体験ダイビング、パラセーリング、シュノーケルならハイサイド

沖縄青の洞窟専門店ハイサイドへのご予約はお電話でもOK

tel.098-989-3687沖縄青の洞窟専門店ハイサイドの連絡先

受付時間 6:00 - 22:00沖縄青の洞窟専門店ハイサイドの受付時間

ご予約

  • 沖縄青の洞窟専門店ハイサイドへご予約ボタン
  • 沖縄青の洞窟専門店ハイサイドへお問い合わせ
  • 沖縄青の洞窟専門店ハイサイドのフェイスブック
  • 沖縄青の洞窟専門店ハイサイドのツイッター
  • 沖縄青の洞窟専門店ハイサイドのインスタグラム

沖縄青の洞窟専門店ハイサイドの海ブログ

用語集2015年12月29日

窒素酔い

スクーバダイビングにおいて深度下により窒素の麻酔作用により状態の変化を窒素酔いとゆう。

シリンダー内に充填した空気を分圧が高くなる深度25メートルから30メートルで症状が現れる。(個人差があるので何メートルで症状がでるかは不明)

窒素酔いの症状とはお酒に酔った状態に似て、気分がハイになる、おかしな行動をとったりと自身を制御できないことであり、初心者にとっては不快に感じ危険な場合もある。窒素酔いは窒素分圧が高くなる深度で起きるので窒素分圧を下げることでおさまる。つまり水深を浅くすることである。

バディの補助も重要であり、深度下ではお互いに気遣い注意を促しあい窒素酔いの症状(サイン遅れ、思考低下)などに気づいたら窒素酔いの症状を疑い深度を浅く保つことが大切。

体調不良であったり、低水温であると窒素酔いの症状もでやすく特には二酸化炭素が体内で蓄積することが大きな原因なので深度下にて呼吸を止めたり浅い呼吸などではなく深くゆっくりと呼吸を心がけること。

沖縄青の洞窟ハイサイドのページトップへ